チャップアップの使用量1回30プッシュは多すぎ?液だれで困っている人へ

育毛剤の中では120mlと大容量であるため、薄毛の部分だけでなく、頭皮全体に使えるチャップアップ。

効果に関してはかなり評判も良く、人気の育毛剤として有名なのですが、使用の際に

液が頭皮から顔や首もとに垂れてくる

という意見が多くみられます。

そこで今回はチャップアップの液だれの解決方法はないのか、原因やコツなどを探ってみました。

\\公式サイトもチェックしよう//

チャップアップの液だれに困っているのは貴方だけではない

チャップアップの口コミでよくみられるのが、

口コミ

塗っている間に液が垂れてきてしまう

というもの。

チャップアップの評価を紹介している個人ブログなどでも、この問題を取り上げているところは少なくありません。

また、チャップアップ公式サイトの「よくある質問」でも、液だれに関する質問が掲載されているほど。

なぜ液が垂れてきてしまうのか

液だれ問題が起こってしまう理由としては、2点ほど考えられます。

液だれが起こってしまう原因①

スプレーノズルの勢いが良い

公式サイトやパンフレットに記載されているチャップアップの使用量は、一回あたり30プッシュ(約4ml)。

 

ペットボトルのキャップに入る水が約5mlなのを考えると、そんなに多くないように思います。

 

しかし、ミストタイプのように毛髪を濡らすだけでは意味がないので、チャップアップは頭皮に直接届くように、勢いのいいスプレーノズルタイプのボトルを採用しています。

 

そのため液が直接地肌を伝わりやすく、顔や首もとに垂れてきてしまうのです。

液だれが起こってしまう原因②

使用者が一箇所にしか使っていない

チャップアップは「頭皮全体」に使用することが前提の商品です。

 

しかし薄毛がまだ一部にしか現れていない場合、その箇所ばかりに集中して、30プッシュ使い切ってしまっている人も中にはいるのではないでしょうか。

 

頭皮や髪に浸透する量は限られていますので、全体にまんべんなく使うと比較的液がたれにくくなるかもしれません。

チャップアップの液だれは一体どうやって防げばいいの?

大容量とはいえ毎日使うものですし、せっかく良い成分の入った液が頭皮に届かず、流れていってしまうのはもったいないと考える人も多いはずです。

かと言って、公式サイトが推奨している量をケチって使い、効果が減ってしまうのも嫌ですよね。

一体どうすれば液ダレを防ぎながら、うまくチャップアップを続けることができるでしょうか。

タオルやヘアバンドを使って液だれを防ぐ

タオルを首に巻いて衣服に液が垂れるのを防いだり、女性が洗顔時に使っているヘアバンドを額から首にかけて巻くと、顔や首に垂れてくる液は防げます。

チャップアップの液はタオルに付着しても、色や匂いがないので問題ありませんし、洗えばまた清潔に使えますので安心です。

一番簡単な方法ですが、やはりタオルにしみてしまう分が勿体無いという気もします。

しかし、しっかりと指定された量を使って効果を出したいならば、多少の液だれは仕方ないと割り切って使うしかありません。

液だれを最小限にしながら規定量使う方法

タオルを巻くよりは少し手間がかかるのですが、「チャップアップを段階的に分けて塗布する」という方法もあります。

MEMO

チャップアップを使っている人ならわかると思いますが、推奨されている通りにチャップアップを塗布してからマッサージをしていると、だんだんと液がなくなっていく感じがします。

 

これはチャップアップが頭皮に浸透したり、揮発性の成分が揮発したりするためです。

これを利用したオススメの手順は以下の通り。

チャップアップを少しずつつけては揉み込む

  • チャップアップのつけ方 STEP.1

    頭頂部を中心として、頭の左右(または前後)で3ブロックずつほど“あたり”をつけます。

     

    実際にピンなどで止める必要はなく、自分の中で大体の目安をつけてください。

     

    (縦に分けても横に分けてもやりやすい方で構いません。)

  • チャップアップのつけ方 STEP.2

    1ブロックの範囲につき、5プッシュを目安に吹きかけては揉み込む、という手順を繰り返します。

     

    この時、頭頂部側から段階的にもみあげや襟足にかけて塗布を進めると良いでしょう。

時間がかかる方法ではありますが、頭皮のマッサージで血行促進&しっかりと成分を浸透させながら塗ることができ、さらにマッサージしている間に液が垂れにくくなるのでとてもオススメの方法です。

使用量もきちんと守りやすいので、余裕のある時だけでもこの方法にすると良いでしょう。

チャップアップの正しい使い方は頭全体に塗布すること!

液だれが起きてしまう理由としても挙げましたが、皆さんはちゃんとチャップアップを「頭皮全体」に使っていますか?

注意

結構勘違いしている人も多いようなのですが、チャップアップは薄くなった部分にだけ塗るタイプの育毛剤ではありません。

どうして頭皮全体に塗る必要があるのか

男性が薄毛になる原因の1つに、頭皮環境の悪化が影響していることは有名です。

頭皮は部分によってパーツが分かれているわけではなく、当然ですが一枚の皮膚でできていますので、血流や栄養状態の良し悪しは薄いところだけでなく、全体的に共通しているといえます。

MEMO

そのため、薄くなった部分だけでなく、全体に塗布してケアすることにより、血行促進や栄養補給の効率が良くなるのです。

また、まだ薄くなっていないところまで薄毛が進行するのを、事前に食い止めやすくもなります。

今まで間違って部分的にしか使っていなかったという人は、今日から早速全体に揉み込んでみてください。

血行促進作用をさらに引き出して、より良い効果を実感できるかもしれません。

【まとめ】チャップアップ塗布時の液だれに困っている人へ

チャップアップが垂れてきてしまう原因や対策を、いくつかに分けてご紹介しましたが、皆さんに合う方法は見つかりましたか?

液だれ防止対策
  • タオルやヘアバンドを利用する
  • 頭皮全体に使う
  • 少量ずつ揉み込んで液を浸透させながら使う

どうしても少しは液だれするかもしれませんが、主にこの3つの対策でかなり垂れてくる量を減らすことは可能です。

頭皮をいたわる気持ちで、頭全体にゆっくりとケアすると、血行促進効果も期待できて一石二鳥なので、ぜひ今日から取り入れてみてはいかがでしょうか。

\\公式サイトもチェックしよう//